読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

映画の話

映画

 何度も記事を書こう書こうと思っていたらあっという間に14日も経ってしまっていた一方でまだ14日しか経っていないのだから書かなくてもいいんじゃないかと甘えたことを思いつつも頻繁に更新してたら気持ち悪がられるかなって思って更新しないだけで実はネタだけ考えていたんだぜ、という2週間でしたがみなさんはいかがお過ごしでしょうか。最近はすこしばかり湿度も控えめで過ごしやすい気候が続いているようで僕は大変気が楽です。このまま低い湿度のまま夏を迎えてそのまま秋へ突入してほしいですという季節のあいさつ。

 

 正直ここ数日はほどほどに忙しくて、今日の夜からはちょっとだけ忙しいにシフトする予定なので久しぶり(一週間我慢した気がする)にペプシを飲んで映画を見ている夜です。端的に言って最高。

 ここまでで344文字なのですが、絶対に後で読み返して死にたくなるような文章しか書けていない確信があるのでさっさと本題に触れておきたいのですが、どうにもこのような形式に沿った表現と言いますか、ルールとか様式とかそのあたりのことに従わなければならないと思うと途端に全力で明後日の方向に駈け出したくなる性格をしているのでここでタイトルそのものを変えてしまおうと思います。読んでくださっているようなお暇な方がいらっしゃいましたら変更する前のタイトルを想像してみてくれてもいいんですよ。おそらく時間の無駄ですけど。

 というわけで映画の話をします。

 時々、たまに、まれに知り合いや広義に解釈して知らないひとなんかから「おすすめの映画」をたずねられます。映画をよく見ているようなツイートをしたりしてるからでしょうか、頼られているような気がするのでとても嬉しいのですが同時にとても頭を悩ませる質問でもあります。

 映画をすすめるだけなら問題ありません。

 ニーチェの馬を見てください。きっと二度と僕におススメの映画をたずねようとは思わないでしょう。

www.bitters.co.jp

 アニメの場合でも問題はありません。

 キルミーベイベーを見てください。他のアニメなんてどうでもよくなるはずです。永遠にキルミーベイベーを見ましょう。

killmebaby.tv

 映画をすすめる、ということは正直に言うとあまり気が乗りません。センスが問われるとか信頼に答えるのが難しいとかそういう話ではなくて、単純に面白い映画を見るためにハズレを引かずに当たりだけ引きたいというその精神が気に食わないのだ、ということでもありません。本当にありません。信じてください。理由は特に思い当たりませんけど面倒くさいので嫌です。適当に「おすすめ 映画」でぐぐってください。

 映画のレビューをするようなブログを書きたいと思わないこともないのですが批判というものがどうにも苦手で、貶すのは簡単なんですけど褒めるのがなかなかできないことを考えるとおそらくこの先実行に至ることはないでしょう。ブログとしてある程度の文章まとめることなることを考えると、おそらく小学生の書いた作文程度のものにしかならないはずなので、そんな文章を書くことも公開することも僕には無理です。ここまでで既に小学生の書いたような駄文を公開してるじゃないかと自分でも思わなくもないですがそんな話は今はどうでもいいので後にしてください!眠いんです!!

 話の流れだけ変えてしまいますと、映画ってのは自分で選んで観たものならばたいていどんなものでも面白いんです。自分で選ぶんですから、きっとどこかに面白そうな要素を感じてそれに引っかかって期待するんですから。ただ多くの場合でひとは映画に期待しすぎるんですよね。世の中にある映画や小説、アニメなんかで自分の期待通りに面白い作品なんて絶対にありません。「全ての可能な文字列。全ての本はその中に含まれている。しかしとても残念なことながら、あなたの望む本がその中に見つかるという保証は全くのところ存在しない」てな具合です。某小説からの引用ですけど小説だけじゃなくてこの世のフィクションなんかにも適当できると思います。……なんでこんな流れになってしまったのかちょっと考え直しているところなんですけど多分途中でタイトルを変えて見切り発車したのが良くなかったんですよね。1500字も書いちゃったので消すのがもったいないし今更書き直すのも面倒くさいんで最早どうでもいいですけど。

 映画の話です。オススメの映画を答えることはできませんが、今まで観た映画の感想くらいならちょろっと書くくらいはできます。下の方で折り返しにしとくので4~5月中に観たはずのぱっと思い当たるタイトルだけ載せておきますね。こっこれは忘備録なんだから別に勘違いしないでよねなんてことじゃなくてどこから見ても完全に幸福な忘備録なので一切問題はありません。問題があるとすれば僕の記憶力です。もうちょっと、あと5本くらいは映画を観た記憶があるんですけど、どうにも思い出せません。やっぱり記憶なんてあてにならないので小まめに記録をとらないとだめですね。せっかくなのでブログの更新ももう少し定期的に、苦のない程度にやっていきたいと思います。気が付いたら日付も回ってますし、いい感じの文字数にもなりました。読み返すと頭を抱えたくなるような代物の文章になっているとは思いますがもうどうでもいいのでこのまま公開して後悔します。ひとりで笑ってます。許してください。

 

 というわけで変更前のタイトルは「映画の話」でした。そもそも変更なんてしていなかったということです。いったい何が良くなかったのか、そして僕は何をしたかったのか。何もわかりませんが誰が悪いのかだけは明白です。

 ロフト‐完全なる嘘
デッドプール
テッド2
ハウンター
ターミネーター:新起動/ジェニシス
ザ・シューター/極大射程
ヒットマン
ピースメーカー
インサイド・マン
マーシャル・ロー
真実の行方
リスボンに誘われて
ビューティフル・マインド
世界にひとつのプレイブック
キャスト・アウェイ
ウォールフラワー
フィリップ、きみを愛してる!
ナポレオン・ダイナマイト
それでも夜は明ける
タクシードライバー
トゥルー・グリット
ファーゴ
28日後
ファイナルデッドコースター
タッカーとデイル
スモーキン・エース