読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

継続は力なり

 継続は力なり、幸福は義務ということで今日も更新したい。

 という訳で映画を見た。

 

https://twitter.com/ggrrgng/status/741490390935601152

https://twitter.com/ggrrgng/status/741633657513738240

 

 ミッドナイトミートトレインとミニオンズの2本。全然関係もなければジャンルも違うけど、スプラッタ―とアニメ―ションコメディということでバランスは良かったと思う。

 一応スプラッターもホラーに分類しちゃうけれど、ホラー映画にもいろいろあって、個人的には恐怖の対象がゾンビなのかサイコなのか心霊なのか当たりで線引きをしている。今回のそれは猟奇殺人犯が怖いということなので一応それなりに期待しないようにして見た。

 

https://twitter.com/ggrrgng/status/741505132072816645

 とりあえず見ていてそれなりに痛い。おめめが飛び出てころころ~なんて件は個人的に楽しく見れるのだけれど、歯と爪は生理的に怖い。踵にフックなんかが刺さって宙吊りにされてるのを見るのもなかなか痛い。画鋲を踏んづけてもそこそこ痛いのにあんなに太いものが刺さってたらどれだけ痛いんだろうって考えると恐ろしいような気もするが、頭が凹んだり首が飛んでいくと平気で観れる。この辺りも個人的な線引きがあるのかもしれない。

 一時期流行っていた(気がする)デスゲームものや無意味なスプラッタにありがちのただ痛いだけというのではなくて、ちゃんとストーリはあってオチも一応用意してあった。伏線のようなものもあった上で一応予想も裏切ってくれたので満足。

 レビューを見ていても、原作があるらしくてそちらのファンにはおおむね好評といった印象を受けた。それ以外の層にはどうにもあまりウケが良くなかったようにも感じられたが決してそのようなことはないようにと思う。

 中盤のホラー特有の“一応真実なのだけれど第三者に説明しても頭がおかしいと思われる”やりとりなんかは迫力があったし、恐怖の対象から逃走したり立ち向かう場面なんかは楽しく見れた。

 

 ミニオンズのほうは特にツイートすることもなかった、というよりもシンプルに直球の力強いエンターテイメントだった。大抵のひとがCMか何かで知っていると思う黄色くて小さいのがたくさんいるあの映画だ。

 イギリスが舞台ということもあってそういう小ネタが沢山。

 ミニオンの表情が変わっているのを眺めていて楽しい。そんな素敵な映画だった。

 

 

 というわけで特に何かを主張する訳でもなしに終わるのだけれど、今回はツイートの貼り付けをやってみたかった。

 ブログとしての内容が映画に若干偏るのも、日記として毎日更新できるほど日常的に何かをしているわけではないのでせっかくだし映画でも見てちょっとツイッターで触れてあわよくばブログで何か書こうと思っているせいなので特に映画が好きとかそういう訳でもなければ意味や目的があるわけでもないです。

 本格的に映画のレビューを書くつもりもなければもっと大々的に注目を集めたい訳でもない。若干の承認欲求を満たしたいだけであって、そこに関してももう少し方法論なり中身について考えたいとは思うもののなんでもいいかという気もしてくる。

 少しだけ読み返したら線引きという言葉が少しだけ気になったのでそこもいずれば考えたいとは思う。

 そういえば「続きを読む」も一応線を引いてるわけですけど、それは映画の感想部分とどうでもいい部分を分けているのです。よく考えたら無意識に行っていたのでこれもある意味では線引きなのかもしれない。臭いものにはふたを。

 個人的にブログには何かしらのオチを、一応毎回用意したいのだけれど今回は何も思いつかない。思いつかないなら無理に張り切ることは、継続するためには不必要なことだし、とりあえず、一応、日曜日は何をしようかなということで