結構間が空いた

シャイなので返事とかはしないけれどコメントめっちゃ嬉しかったです。ありがとう

 

 

www.youtube.com

荒廃した世界で一冊の本を運んでる男の話。

コーマック・マッカーシーザ・ロードみたいな映画だなって思ったけど関係はなかった。本の正体もなんとなく想像がつくしオチもなんとなく白けるんだけれどデンゼル・ワシントンゲイリー・オールドマンの凄味でカバーしてる。荒野を旅してるって雰囲気はなかなか面白かった。

 

www.youtube.com

男が二人でペア組んでフィギュアスケートする話。

ユーリオンアイスみてそういえばスケートの映画があったなって思ってみたら大当たりだった映画。基本的にコメディ。なるべく気を抜いてみるとよい。

対照的な主人公二人が喧嘩して仲良くなってまた喧嘩して最後に魅せる演技は素晴らしいの一言に尽きる。そしておまけの最後の曲。まさかあの曲が聞けるとは思ってもみなかったので痺れた。おすすめ

 

www.youtube.com

少年が大人になって里帰りする話。

説明不要の名作とは聞いていたけれど天邪鬼だから今まで見ないようにしていた映画。

見る映画がなければこれ見ておけばいいんじゃないですか枠兼好きな映画をきかれた時にこれを挙げておけば安心枠。良い映画だった。

 

www.youtube.com

童貞のおじいちゃんが引きこもり女に恋するお話。

www49.atwiki.jp

細かいあらすじなんかは上記のリンク先を読んでほしい。思わず泣いてしまうラブストーリー。恋人のいない諸兄には是非とも観て欲しい。人と出会うこと愛することの素晴らしさを教えてくれる。ラストシーンは涙なしには見れない。

 

www.youtube.com

いろんなゾンビ映画をパロったゾンビ映画

主人公が保安官で息子がいる。某ゾンビドラマみたいですね!

パロディであることを隠すつもりはないらしく、クリスって名前の息子のことを何度もカール(某ゾンビドラマの保安官の息子の名前)と間違える。しつこいけど笑ってしまった。 他にもたくさんパロディはある。細部は雑でちゃっちい作品なんだけれど、ゾンビ映画が好きな人なら絶対に損はしないと思う。何よりも秀逸だったのはゾンビウイルスが蔓延してしまった理由。ここだけでも観た価値はあったと思う個人的に。

 

www.youtube.com

ボーイスカウト3人組がゾンビ映画な世界を救う話。

学校ではイケてない組な男の子がスカウトの知識を総動員してゾンビに立ち向かう。男の子三人がメインで他に大人が出てこないゾンビ映画って新鮮だったと思う。ゾンビ映画の優等生って感じだった。

 

www.youtube.com

 戦死した兄の友人が居候したけどよく考えたらあんた誰よな映画。

すごくいい人で気が付いたら居ついちゃった自称兄の友人、でもなんだが様子がおかしい。気になって調べたけど本当に兄の友達なの?あんたは何者?

特に捻りはないというよりやや興ざめした。序盤と終盤では雰囲気が全く異なるので一粒で二度おいしいと考えることもできなくはない。予告編ではめっちゃおもしろそうだったんだけどな。やや残念だったけれど序盤終盤を別の映画として楽しめたので個人的にはイーブン。

 

www.youtube.com

妻のために頑固おやじが歌うはなし。

頑固おやじが勇気を出して頑張るそれだけ。自分らしさとは、人との向き合い方とは、生きるとはどういうことかなんてことも多分テーマの一つ。割と重いエピソードもあるけれど全体的に明るく演出されているので楽しく見れる。バランスがいいように感じた。人が変わるお話ってのはいいものだよ。

 

www.youtube.com

人類最後の死ねる人間が語る自らの半生は矛盾だらけだったおはなし。

技術が進んで人が死ななくなった世界で唯一の不死ではない男、ニモ・ノーバディの人生についての映画。やったらと意味深に演出されてるけどオチには期待してはならない。それを除けば十分に面白い。何通りもの人生の話をされるのでやや冗長に感じるけれど、それぞれの人生の結末がどうなるのかは気になったし楽しめた。あんまりSFだと思ってみないほうがいいかもしれない。

 

www.youtube.com

作家が怪奇事件に巻き込まれちゃうおはなし。

ホラー映画。突然のびっくり演出が上手なのでなかなか面白かった。たくさんの子供幽霊が登場するんだけれど彼らの演技や様子が可愛らしい。面白めなホラー映画。

 

www.youtube.com

白血病の姉の妹が両親を訴えるおはなし。

とある家族のこれまでを振り返りながらこれからを考えるという形式の映画。予告編を見てもらえればわかるのだけれど、なかなか家族関係が複雑。その上で妹はなぜ裁判という手段をとったのか、割と簡単に想像できるのだけれどそれが明らかになるとなかなか感じるものはある。彼女と彼女が最後に出す結論をどう感じるかが大切な話だと思う。