読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

映画をみました

 ちょっとたまってしまった

 

www.youtube.com

シャッター・アイランド

精神病院が舞台のミステリーっぽいなにか。ディカプリオが頑張ってる。

ラストシーンで解釈が分かれるらしいので誰かと見てお喋りすると楽しいかもしれない。 

 

www.youtube.com

ハイネケン誘拐の代償

アンソニーホプキンスが誘拐されるおはなし。主人公は誘拐犯グループのほうで大体実話らしい。

大分前に予告編を見たときは誘拐されたおじいさんが巧みに犯人たちを仲たがいさせるよう仕組むおはなしだと思ったけど違った。多分アンソニーホプキンスのせいなんだけどなかなか悩ましい感じ。

大金を手にしたり予定通りに物事が少ないと人は焦るんだなぁってのと犯罪をするなら人数が多すぎるとだめだなぁなんて思いながら見てた。能力ってのは集団になると一番低いとこに揃ってしまうからそれなりに頭が回って面子を集めるか人数を減らさないとだめだよね。

 

www.youtube.com

バードマン あるいは(無知がもたらす予期せぬ奇跡)

俳優が俳優を演じてるおはなし。ぶっちぎりで面白かった。シーンの切れ目がほぼなかったり脚本もエモくてよかった。また見たい。 

 

www.youtube.com

グランド・イリュージョン

マジシャンが集まって犯罪する話。頑張って捕まらないように工夫してマジックしてた。 まぁ派手な感じでいいんじゃないですか。

 

www.youtube.com

JUNO/ジュノ

ティーンなジュノが思いがけず妊娠してしまってから愛を知るお話。ただ生意気な少女かと思いきやそんなことなくて大人も子供もみんな結構大変なんだって感じでなかなかよい。最終的にはちゃんと着地して順番は逆だったけれど云々みたいな台詞はよかった。

 

www.youtube.com

メイジーの瞳

ちっちゃなメイジ―が離婚した両親の都合で振り回されるお話。子役ってすごい。

脚本的には両親ともにメイジ―と一緒にいたいけど仕事の都合が悪くて再婚相手にメイジ―をまかせっきりで生活することになるんだけどお前こんなん現実離れしすぎるでしょって感じで非常に腹がたつんだけど映画だからこれは映画だから子役のオナタ・アプリールの演技に素直に打ちのめされましょう。結局ラストも着地せずにふんわりと終わるのでそういうのが苦手な人はやめた方がいいです。

離婚する両親と子供って感じのファミリー映画が観たい人はちょっと古いけれどクレイマー、クレイマー観たほうがいいと思うし、クレイマー好きだからこれも見よって判断は危険

 

www.youtube.com

 アトランティスのこころ

自己中心的な母親と暮らしている少年ボビーがアンソニー・ホプキンスと出会って成長したりするお話。実は アンソニー・ホプキンスにはちょっとした秘密があったり子供にも問題があったり家が貧しかったりなヒューマンドラマ。綺麗なお話でおすすめだけどちょっと虐めだったり強姦だったりがあるので注意が必要かもしれない。原作はスティーヴン・キング

 

www.youtube.com

アバウト・シュミット

定年したおじさんが妻の死を切っ掛けに旅行に出るお話。

退職してから自分が無価値なんじゃないかと不安なおじさんが色々やらかす。自分は人の話を聞かなかったせいで娘はシュミットの話に耳を貸さないしそれに腹を立てたりリップサービスでちょっと優しくされると甘えてしまったりで、ひたすらに物悲しい。仕事をアイデンティティにしている人間ってことで自分の父親のこともびみょ~~にだぶってしまってみていて苦しかった。 

 

www.youtube.com

ザ・ライト

アンソニー・ホプキンスが悪魔祓いをしたりされたりするお話。

特に言及することはないんだけど悪魔祓い事態は今でも実際に行われている らしい。ホラー的な演出も薄くてかといってドキュメンタリーに近いかと言うと微妙。どっちつかずな印象。

 

www.youtube.com

ブラック・ボックス ~記憶の罠~ 

事故った主人公のうわ言には本人が自覚していない覚えていない記憶の手掛かりがあったお話。

割と派手に交通事故を起こしたせいで現実と虚構がごっちゃになっているひとと記憶の危うさなんかを印象的に表現したミステリー。ミステリーなのかな。でもミステリーってどっかに書いてあったからミステリーでいいや。フランス映画だなって感じの演出おおめ 

 

www.youtube.com

リンカーン弁護士

ちょいワルな弁護士ががんばるお話。

法廷ものにしてはとっつきやすいかんじでいいと思う。オチはちょっとだけ分かりにくいけどスッキリとした着地の仕方でエンターテインメントしてる。 

 

www.youtube.com

レナードの朝

ロビン・ウィリアムズロバート・デ・ニーロにレボドパ使って回復したけど耐性ができちゃうお話。

医療レポートみたいな ノンフィクションを映画化した作品。医療的な描写はあんまり正しくないらしい。ちょっと切ない。

 

www.youtube.com

マグノリア

気合い入った群像劇。

三時間は長い!無関係な男女9人が過ごす24時間を描いた映画。面白かったんだけれどとにかく長い。 

 

www.youtube.com

ぼくのエリ

少年が少女と出会うお話。

モールスのリメイク元。あっちはホラーテイストだけどこっちはそうでもない。少年の目から見た少女の神秘性というかなんとなくイノセントなそんな感じ。画面は明るい。

このあともう一度モールスを見返したけれどこっちのほうが演出だったりなんやらは少年と少女の方を向いていて好みだったように感じた。すき。 

 

www.youtube.com

ゴーストバスターズ(1984)

ゴーストをバスターするお話。

あの耳から離れない歌がすき。前半は幽霊退治、後半は悪魔祓いみたいなことになる。公開当時に劇場で観た親戚はなんか後半はしょーもないって言ってたけれど正直しょーもなかった。でもちゃんと無一文から成り上がっていくというか事業が成功するというかバスターズが受け入れられるようになる中盤の流れはとても面白かった。 

www.youtube.com

ゴーストバスターズ(2016)

ゴーストをバスターするお話のリメイク。

1984年のは登場人物がほとんど男性だったけれど今回は女性。そのおかげで若干テンポが元気。無印で良かった点は大体今作でも登場するし前作の主演キャストも存命の方々は名前を変えて登場。1984年版→2016と観たせいでオマージュだとかそういうのを探しながら観れて面白かった。げらげら笑いながらみてた。

 

www.youtube.com

スタンド・バイ・ミー

少年が死体を探しに行くお話。

みんな知ってるあの主題歌が印象的。青春ものかと思ってたらなんとなくほろ苦い。ただ遊びにいくだけじゃなくて子供なりに問題を抱えていて友達だけどどうしようもないけど人生だよねとかなんかそういう感じ。ちょっと前の名作って割とそういうところあるよねって思いながらみてた。

 

www.youtube.com

ブロークン・ポイント

田舎の家族が都会の親戚に動揺するお話。

予測不能のラストが待ち受ける衝撃のサスペンス なんて説明がついてるけどサスペンスじゃないので注意が必要。苦肉の策なんだろうなって。

チェーホフの「かもめ」に影響を受けた作品らしいので、これを観る前にちょっと事前知識を入れたほうが楽しめるかもしれない。というか何も知らずに見るとちょっとよくわからない。人間関係の複雑な田舎って感じだった。

 

www.youtube.com

スクールオブロック

ロックを愛するジャック・ブラックが教師として学校にもぐりこんで子供にロックを叩きこむお話。

細かいことは気にしたら負けなコメディ。とにかくロックでいい。音楽好きな人は作中のロックに関する授業なんかも楽しめるんじゃないかと思う。最後のライブなんかも楽しそうでいい。自分も音楽できたらな~なんてことを考えながらみてた。おすすめ