なぜバーフバリを観ないのか

めっちゃみてほしいけど予告編はみないで映画館へ行ってほしい

 

www.youtube.com

 

おそらくタイトルくらいは目にしたか耳にしたことがあると思う。なんせ世間の事情には疎い僕ですら知っていて尚且つ予告編まで観たことがあるのだ。インターネットに精通していて毎日Twitterに入り浸っている三度の飯より情報が好きで他人より優位に立つことが人生の生きがいになっているような人たちなら当然タイトルくらいは押さえているだろうと思う。それでもやっぱりこの映画をまだ見ていないということは何かしらの不安があるだろうと思うので、そのへんを解消せずにとりあえず背中を押すことだけに留めたい。平日でも今週末でもいいから映画館へ行ってバーフバリ 王の凱旋を見るのだ。

 

まだバーフバリを見ていないけれどギリギリ聡明なひとは気が付いただろう。王の凱旋ということはもしかして王の誕生とか追放とかそんなサブタイトルを背負った前作があるんじゃないの? 俺そんなの見てないんだけど……。

残念ながらその通りだ。王の凱旋は二作目。前作にあたる伝説の誕生がある。

www.youtube.com

 

こちらもなかなか素晴らしい映画ではあったから見て欲しいんだけど、王の凱旋だけを見るというのでも問題はない。5分でわかる解説動画のようなものが上映の直前に差し込まれる。それを見れば多分問題なくバーフバリの世界に没入できるはずだ。

どうしても伝説誕生がきになるひとは、まだTSUTAYAとかではレンタル開始していない(多分)のでAmazonビデオとかで有料配信のやつを観よう。僕はそうした。

 

バーフバリはインドの中世ファンタジー映画で王の神話だ。ダンスもすごいしアクションもすごい。でもそれ以上に登場人物の気高い精神がすごい。おまけに元気になるからとりあえずみろ。上映が終わってからみたくなっても手遅れなのだ。

 

同じ顔なのにアマレンドラ・バーフバリがお父さんでマヘンドラ・バーフバリが息子だったりとインドの名前と顔はちょっと馴染みがなくて覚えにくいかもしれない。突然踊りだすのもなかなかインド映画の経験がない場合はみるのを躊躇ってしまうことかもしれない。

それでもバーフバリをみてほしい。3時間30分くらい上映時間があって上映中におしっことか行きたくなるの嫌だしなとか思ってしまうのもわかる。それでも見て欲しい。素敵な映画なのですぐに物語に没入できる。トイレの心配はない。念のために上映の前にはトイレへ行っておくべきだとは思うけれど。

 

伝説誕生はPCで観たけれど、やはりバーフバリは映画館でみるべき映画だと思う。いまならまだ間に合うのだ。是非バーフバリで検索して上映している映画館へ足を運んでほしい。すげー映画なんだ。

 

応援上映とかもやってたらしいので行ってみたかった。この映画のなら行かなくてもわかる、絶対楽しいでしょ~~。