読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

10月のおわり

10月も終わりますね。早いもんです。

 

www.kiminona.com

200億突破確実らしいですね。すごい。

という訳で2回目(3回目)観てきました。

やっぱり忘れちゃうってのが一番悲しいことなんじゃないかと思いました。どんなに熱中してても好きでも忘れちゃうことがあって物があって人がいるってのが普遍的な万人に共通する理解されやすい物語なんじゃないかな~~って。

面白かったです。

 

www.youtube.com

銀行強盗するつもりがクッキーめっちゃ売れてお金持ちになっちゃう夫婦のはなし。

落語とかでありそうな感じでテンポのよい映画。

ラストシーン以外は大いに満足。

主演のウディ・アレンがなかなかよい。


www.youtube.com

パパがさらわれた娘のために96時間以内に誘拐犯をぶちのめすはなし。

娘がぽんこつというか浮かれたティーンなうえにパパの仲間がめっちゃ優秀で何と言うか期待していたのとちょっと違ってあんまり楽しめなかった。

僕この手のアクション苦手なのかなって思ったりするくらいに楽しめなくて落ち込んだ。インターネットでの評判が割とよかったので、多分僕が合わなかっただけなんじゃないかな~~。それくらい面白くなかった。

娘がスケベ水着で登場するシーンもが見所(僕はめっちゃ萎えてた)。

 

www.youtube.com

 

虐めっこだったけどいじめられっ子になった石田君がちゃんと生きていくために自分と向き合うはなし。

いつか見なければならないと思っていてようやく見れた映画。原作を読んでいたので観たら落ち込むだろうと思っていたけれどそんなことはなくて、しっかりと映画にする意味のある作品になっていた。めちゃくちゃよかった。めちゃくちゃ面白かった。

映画を観終わってから原作全巻買い直して読んだけれど、描写のいくつかが変更してあってもう一度劇場へ観に行きたくなった。

障害に虐めとなかなか重いテーマも扱っているけれど、メインのテーマはコミュニケーションや気持ちを伝えることの難しさ(だと思う)。いろいろあってコミュニケーションに目立たない問題を抱えた登場人物が、互いにぶつかったり避けたりしながら自分と向き合うことになる。

原作のほうだと主人公の石田君だけでなく、周りの人物の描写も多くてなかなかカオスなことになっていたが、映画では石田君に描写が絞ってある。あと描写が増えてたりもする。構成がわかりやすいというか、映画であることからも物語に入り込みやすい構成になっていたと思う。

過去に自分がしてしまった行為をとにかく後悔していて、原作では自分の命があるならば可能な限り西宮のために使いたいみたいな台詞を言っちゃったりする男前(映画ではなかった気がする)な石田君が自分の気持ちに無自覚、というか加害者であった過去からそんな気持ちを持ってはいけないと思っていて意識的に気が付かないようにしているとこがめちゃくちゃよかった。

原作では衝突するまでに映画を作っていたり、それが仲直りのきっかけになり将来の話なんかに繋がっていくんだけれど、映画ではその手前までがテーマなのでカットされていた。英断だったと思う。

Wikipediaの映画のところに制作についていくつか記述があって、そこも面白かったので読んでみるといいかもしれない。音楽の話だったり監督のこだわりだったり、本当かどうかは分からないがなかなか読み応えあった。

とにかくよかった。漫画に動きがついて声と音楽がついただけなのにここまでよくなるとは思っていなかった。もう一度観に行きたい。

 

www.youtube.com

 

エリート警察官が田舎に左遷されて変な事件に巻き込まれるおはなし。

めちゃくちゃテンポのよいコメディ。

生真面目といい加減がコンビを組んで田舎町の事件に立ち向かう。

事件そのものはいい加減な事件なのでコメディとして見るといい。力が抜けるタイプのよい映画だった。

主演のサイモン・ペッグスタートレックだったりショーンオブザデッドだったりで御馴染み。シン・ゴジラの感想なんかでも見かけたね。

オチはアホ臭いけど良い映画。

 

www.youtube.com

 

性欲お化けな作家が女関係で揉めて現実の小説の区別がつかなくなるおはなし。

日本語の動画がなかったので英語。

主人公が書いている小説の話が途中に挟まれていて観ているこちらも混乱した。

面白いというか僕には馴染みのない話だったので、主人公が屑だなぁって思いながらポテチ食べてペプシ飲んでみていた。不倫とか恋愛とかわかんねぇ!

それでも主人公は自分と向き合うために小説を書いていて、あほくさい現実と小説をごっちゃにしながらもちゃんと前向きで良かった。主人公の発言はほとんど意味不明だったけど。

そんなオチだったのでよかった。

おいしい生活で主演だったウディ・アレンが監督脚本主演を務めたらしくてなるほどね。コメディっぽくていい映画だったよ。

 

寒くなると落ち込むことが増えるので注意したいです。

お勉強もしたいです。でも多分しないです。

映画館に行きたいけれど聲の形と君の名は。のBDも欲しいしでなかなかお金が足りませんな~~。

明日は10月最後の月曜日。がんばりませう