読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

4月馬鹿発動

 ちょっとあたまぐわんぐわんしてる

続きを読む

3月も終わりってことは今年もあと75%

もうちょっとやりようがあったような気がするんだけど仕方ないよ面倒くさいもん。 

続きを読む

きもちよいこと

僕も人間なので時々きもちよくなる。よくきたなから始まる癖のある文章やゲームについて読み応えのある文章やヒョロワーの書いた楽しそうな文章を読むときもちよくなる。きもちよくなると僕はパヨヨンを立ち上げてワードやメモ帳なんかを開いてかっちょよくキーボードを二本の指で叩いたりする。きもちよく叩いてきもちよく文章を書く、読む。すると僕は死ぬ。現実と理想のギャップがうんたらかんたらなんて気障な表現もできないこともないがいまはそこは重要じゃないので簡潔に、自分の脳みそが少なくて死ぬ。というわけで今日は脳みそが少ないことについて話す。耳をかっぽじって傾聴してほしいが、僕は読み手に対して語りかけたり期待したりはしない。ひとりできもちよくなって死ぬだけだ。だから僕は特に何も語らない。いい文章を読んだ、だからこれを書いた。要するにオナニーなので、テイッシュは丸めてゴミ箱に捨てる。立つ鳥跡を濁さずとは言うが飛んでる最中なら糞をしてもいいというわけじゃないと僕は思う。

えらいからちゃんと更新できる

今週はあんまり映画見れてない 

続きを読む

140字には収まりそうもなかった

湯船に浸かりながら耳の舟状窩あたりを爪でひっかくとびっくりするような耳垢がとれる。でかい。こんなでかいものが取れた日には、これを眺めながらアヒルの玩具を湯に浮かべることで普段よりも長風呂ができるような気がする。たまにする。耳垢は何も産まない考えない、僕はこれまでに何も生み出してこなかったし考えてもこなかった、よって耳垢は僕である。三段論法のギャグマンガを読んだことを思い出したけれど思い出すだけで何も考えたりはしない。論によるとつまりは僕は耳垢である。死んだ細胞がうんたらかんたらだから厳密には違うけれど長い目で見れば似たようなものである、と思ってもいいかもしれない。口には出さないけれど。文字にはした。している。ちょっと遅れて力太郎を思い出した。垢を集めて人形を作ったらニンゲンになっちゃった童話だ。導入が違うだけであとのお話は仲間を増やして鬼を退治する、大体桃太郎なのだけれど、お風呂に入って耳垢を眺めて三段論法していて力太郎を思い出していたら、もしかしたらこの耳垢も童話のように自分の意思で喋りはじめるかもしれないなんてことを思った。三段論法によると僕は垢と大差ないのだけれど、もしこの僕と大差ない垢が意思を持ち始めたら、僕はようやく何かを生み出せたと自信を持ってもいいのかもしれない。そうなれば三段論法は崩れ僕は耳垢ではなく僕として、耳垢は耳垢として胸を張ることができるのではないか。こんなくだらないことを考える僕と同一視されたくない耳垢が、自立するために自意識を獲得する素敵なお話になるのではないか。今日はお風呂でそんなことを考えた。

もう三月

 見るほうに書く方が追い付いてないのでちょっと考える必要がないこともない

続きを読む

映画をみました

 ちょっとたまってしまった

続きを読む